直接契約で行うアフィリエイト

ASPを通さないアフィリエイト

ASPを通さないで行うアフィリエイトもあると前述しました。

つまり自社でアフィリエイトのプログラムを提供している会社があるということです。

もっとも自社でアフィリエイトを行っていると言っても、アフィリエイトサービスを提供していることに変わらないので、自社のサービスのために自社でASPを運営していると説明する方が正しいです。

では自社でASPを行っている企業にはどういうところがあるのでしょうか。

左ページの表のように、代表的なものはいわゆる「オンラインショッピングモール」に分類される企業が占めています。

いずれの企業・サ—ビスも手軽に使い始められるので、初心者であれば絶対に登録して欲しいものです。

増える自社ASP

ここまでは大手企業が自社でASPを用意しているところを紹介しましたが、それほど大きくない企業でも自社でASPを行っているところはあります。

最近だと英会話学校や英会話の教材、婚活用サイト等があります。

しかし左ページで紹介したところ以外の自社ASPの中には、怪しいところも多いのであまりおすすめしません。

また大手企業であれば、実際にプログを訪問してくれる読者から見ても安心感があるので必然的に購入してくれやすくなります。

初心者の方はまずはアマゾンアソシエイト、楽天アフィリエイトで始めてみるのがおすすめです。あまり大きくは稼げなくても、自分で紹介した商品で報酬が発生した時は本当に嬉しいものです。

まずは自社ASPからはじめよう

自社ASPを展開する主なサービス

アマゾンアソシエイト

オンラインモールの「Amazon.co.jp」が提供するアフィリエイトプログラムアマゾンで販売されているものであればほぽすべてが対象だが、アフィリエイト用のリンクをクリックしてもらってから24時間以内に購入してもらわないと成果として認められない仕組みになっている。

一般的なASPであれば30日から60日となっており、クリックしてからの有効期間(クッキー有効時間)が短いことから不利に思われがちだが、アマゾンアソシエイトだけで月に100万円以上のアフィリエイト報酬を得ている人もいる。

初心者でも売リやすいもの、たとえば安い電子書籍や雑誌もあるので、最初に取リ組むのにはちょうどよいアフィリエイトと言える。

楽天アフィリエイト

アマゾンと並ぶ、日本の代表的なECサイト(ネットショップ群)として人気の「楽天市場」が提供するアフィリエイトプログラム。

アマゾンアソシエイトがクリックしてからの有効期限が24時間に対し楽天アフィリエイトは30日となっている。

楽天アフィリエイトのよいところは、たとえば楽天ブックスの本を紹介して、その広告をクリックした人が本は買わずに楽天トラベルで旅行を申し込んだ場合でも、アフィリエイト報酬が発生する点。

つまり楽天内のサービスのほとんどのものが対象なので(これはアマゾンも同じ)、まずはクリックしてもらうことが重要となる。

セブンアフィリエイト

大型スーパーのイトーヨーカドー、コンビニエンスストア最大手セブンイレブンを運営している7&iホールディングスが提供するアフィリエイトプログラム。

普段イトーヨーカドーやセブンイレブンを利用している方には取り組みやすいアフィリエイトとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です