アフィリエイトは副業ブームで脚光を浴びている

副業の自由化!

2016年の2月某日、大手会社であるロート製薬が副業を自由化しました。

そこからいくつかの会社が副業を自由化するという傾向が、大手だけではなく中小にも伝わり、2016年はまさに副業ブームの始まりの年となりました。

しかし実はそれ以前からリクルートや富士通といった大手会社でも副業を自由化していました。

なぜ副業を自由化する企業が増加してきたのか?

それは会社としても生涯雇用が困難になってきているという現実課題があります。

これは雇用する側のものの見方ですが、雇用される側、つまり労働者側にしてみれば雇用懸念が大きくなってきたことを表しているのではないでしょうか?

会社としてはいつ退職勧告するか分からない、サラリーマンとしてはいつクビ切りされるか分からない、そのため双方に少しでも負担を減らせる落とし所として、副業自由化の流れになったと考察する人もいます。

でも大事なのは副業自由化ということをチャンスと感じ取ることではないでしょうか?

アフィリエイトが副業ブームで見直される

アフィリエイトというものを耳にしたことがある人の多くは胡散臭い、不正なものというイメージを持っています。

それほど、アフィリエイトというものは疑わしいものという印象を持たれていました。

しかし日本アフィリエイト協議会などが、アフィリエイトはいかがわしいものではないという情報を公開することで、徐々にイメージは向上されつつあります。

このようにアフィリエイトというものが副業ブームで見直されてきています。

副業自由化の流れ

うまぴお

雇用する側、雇用される側、お互いの将来に対する不安が、副業自由化を薦めているんだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です