【常陸国】実は魅力度No.1!?ここが凄いぞ茨城県!

前回までは筆者の茨城観光モデルコースをご紹介しましたが、

ここで改めて皆様、茨城県のイメージはどのような感じでしょうか?

納豆以外何もない、なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

実際に魅力度ランキングは7年連続の最下位でした。

しかし今年はなんと42位!最下位脱出!

ようやく皆様が茨城の魅力に気づいてきたようです。

そこでこの記事では、茨城の魅力をさらに伝えていきたいと思います。

これを読んだらすぐに茨城に行きたくなるでしょう!

<日本三名瀑「袋田の滝」>

華厳の滝、那智の滝と並び日本三名瀑の一つに数えられる袋田の滝。

高さ120m、幅73mの大きさを誇り、見るものを圧倒する迫力があります。

滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度の滝」とも呼ばれており、一説には、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからこの名がついたとも言われています。

秋は紅葉、冬は滝全体が真っ白に凍結することもあり、神秘的な姿を表します。

<日本で二番目に大きい湖「霞ヶ浦」>

日本で1番大きな湖は?と聞かれたら大体の人は「琵琶湖」と答えられるでしょう。

では2番目に大きな湖はどこでしょうか。

実は茨城の霞ヶ浦が琵琶湖に次いで大きな湖なのです!

霞ヶ浦では湖面を渡る風を受け真っ白な帆をいっぱいに張って進む「帆引き船」に乗ることができ、霞ヶ浦を堪能することができます。

また、色々な魚がいるので釣りを楽しめたり、公園でゆっくりしたりなど、一日遊べる観光地となっています。

<西の富士、東の筑波と称される名山「筑波山」>

海もあり山もある茨城県、その山の中でも富士山と並ぶぐらい美しいとされる筑波山。

紅葉シーズンでは目がくらむほどの美しい景色が山頂から広がります。

日本百名山の一つにも数えられる筑波山は標高877mととても低く、ロープウェイやケーブルカーもあるので気軽に登ることができます。

ちなみに茨城県民の好きなダジャレ1位は永遠に「つくばさんにはりつくばーさん」です。

茨城人に出会ったら使ってみてくださいね。(喜ばれますよ~)

秋葉原から電車とバスで約1 時間30 分と近いのでぜひ訪れてみてください。

<日本三名園「偕楽園」>

金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」の一つであり、梅の名所として知られる偕楽園。千波湖と並ぶその姿にはどこか愛おしさを感じてしまいます。

2月の梅の開花シーズンにはたくさんの人が訪れ、夜にはライトアップされた梅木道が楽しめます。また梅の他にも春は桜、初夏にはツツジ、真夏には緑鮮やかな孟宗竹や杉林、秋には可憐な萩の花やモミジが見られます。

<全国の鹿島神社の総本山「鹿島神宮」>

日本の神社の中でも圧倒的に有名な神社である「鹿島神宮」。

初詣には交通規制がかかるほどたくさんの人が押し寄せます。

鹿島神宮の歴史は古く、書物によれば神武天皇元年(紀元前660年)に建てられたとされていて、すべての始まりの地とも言われています。

ちなみに神社の格式が初めて定められたとき神宮と名乗るのを許されたのは鹿島神宮の他に伊勢神宮、香取神宮だけで、格式の高さが伺えます。

パワースポットとしても有名で、茨城が有する日本最高峰のクラブチーム、鹿島アントラーズが必勝祈願に来たりしているそうです。

http://kashimajingu.jp/

<世界一の立像大仏「牛久大仏」>

全長120mある牛久大仏。

青銅製の立像大仏としては世界で一番の大きさを誇ります。

自由の女神は40mなので、なんと3倍です。

1995年にはギネスブックにも登録されています!

大仏の中は実際に入ることができ、写経スペースがあったり、書き初め体験ができたり、地上85mの高さの展望台があるなど、見るだけでなく楽しめる施設となっています。

牛久大仏の優しさが現れてますね。

総重量は4000t、顔の長さは20m、人差し指は7mあるそうです。

近くには小動物園があり、小動物公園にはウサギやリス、山羊などと触れ合うことができますよ

https://daibutu.net/

<日本三大花火大会「土浦全国花火競技大会」>

1925年に始まり、今では日本三大の一つと言われている土浦全国花火競技大会。

三大大会の中では唯一の大都市圏で行われることから、毎年80万人の人が訪れるビッグイベントとなっております。

一度に25000発の花火が打ち上げられるこのイベント。

その迫力は見る人の感情を燃やし尽くすかのようです。

まさに花火師の熱い情熱が空に現れます。

東京からは電車で直通1時間ほどなので、ぜひ一度訪れてみてください。

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/

<終わりに>

茨城にはこのように、日本三大名所や、世界に誇るスポットがたくさんあるのです。

実際のところ、こちらの記事には書ききれていません(笑)。

こんなにも観光名所があるのに何故魅力度が低いのか・・・

逆に「魅力度が低い」というのも逆に面白くありませんか?

筆者はそこに興味を持ち、調べ、実際に訪れたことにより

この記事を書くという経緯に至りました。

読んでくれた皆様が少しでも「意外に面白そうじゃん!」と、訪れてみてくださることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です