【簡単に解説】iPhoneでのFOMA SIMの運用!

デュアルSIMスマートフォンでの通信費の削減について述べて来ました。

今回はiPhoneでFOMA SIMを運用し、かつドコモメールを受け取れる様に設定する方法をお伝えします。

デュアルSIMスマートフォンでの通信費の削減については、こちらの記事で説明しています。

用意するもの

  • iPhoneX以降のeSIMを内蔵したSIMロック解除済もしくはSIMフリーiPhone
  • SPモードで通信可能な3G携帯電話機(SH-06G等)
  • Nano SIMのFOMAカード
  • dアカウント
  • eSIMが利用可能な通信会社との契約(IIJmioや楽天モバイルなどの少数の会社でしか提供されていません)

SIMロックフリースマートフォンでのキャリアメールの利用については、こちらの記事で説明しています。

具体的な手順

iモードを利用中の方はSPモード(iモード契約可)を契約します。

次に、SIMサイズをNanoSIMに変更してください。

こちらは、ドコモショップで有料で行っています。

同時にdアカウントを取得します。

これらが出来たらSPモードで通信可能な3G携帯電話機にSIMを挿入し電源を入れます。

「My docomo」からdアカウントでログインし、SPモードとiモードのメールアドレスを入れ替えます。

次に、メール設定から「dアカウント利用設定の確認/変更」を選択し「利用する」を選択してから設定を確定します。

IMAP用のIDとパスワードの確認をします。

IMAP用ID・パスワードの確認から行えます。

選択したら表示されるので、メモを取ってください。

これで、下準備は終わりました。

次に、iPhoneの設定に移ります。

FOMAのSIMカードを挿入します。

eSIMを設定し、モバイルデータ通信をeSIM側にします。

eSIMの使い方は通信会社の指示に従ってください。

設定が出来たら、iPhoneのメールアプリを起動し設定します。

設定内容は、以下の通りです。

受信サーバーの設定

IMAPサーバー:imap2.spmode.ne.jp

ポート番号:993

セキュリティの種類:(over SSL 3.0)

認証方法:LOGINまたはAUTHENTICATE(LOGIN)

ユーザーID:dアカウントのID

パスワード:IMAP専用パスワード

送信サーバーの設定

SMTPサーバー:smtp.spmode.ne.jp

ポート番号:465

セキュリティの種類:SSL(over SSL 3.0)

認証方式:AUTH-PLAINまたはAUTH LOGIN

ユーザーID:dアカウントID

パスワード:IMAP専用パスワード

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの設定が出来れば、iPhoneでもFOMAの契約のまま利用する事が出来ます!

キャリアメールを維持したままの格安スマートフォンの出来上がりです。

ガラケーとiPhoneを2台持ちされている方も多いかもしれませんが、この方法ならば1台にまとめることが出来ます。

この機会に皆さんも一度、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品

【簡単に解説】iPhoneでのFOMA SIMの運用!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です