【簡単に解説】SIMロックフリースマートフォンでのキャリアメールの利用!

デュアルSIMスマートフォンでの通信費の削減について述べてきましたが、ここではSIMロックフリースマートフォンでのキャリアメールの利用について述べていきたいと思います。

デュアルSIMスマートフォンでの通信費の削減については、こちらの記事で説明しています。

ドコモの場合

ドコモの場合は、ドコモメールアプリとdアカウント設定アプリをインストールして利用できます。

その際に、dアカウントを取得してください。

続いて、ドコモメールアプリを起動します。

ドコモメールアプリを起動したらdアカウント設定アプリに移ります。

ここで設定したdアカウントの情報を入力します。

デュアルSIMスマートフォンの場合、ここでデータ通信用のSIMを認識してしまう場合があります。

この場合は、ドコモの音声電話番号に紐付いたSIMのみを挿入して設定してください。

それが済んだら、データ通信用のSIMを挿入します。

iPhoneでのFOMA SIMの運用については、こちらの記事で説明しています。

auの場合

auの場合は、残念ながらSIMロックフリースマートフォン向けのメールアプリはありません。

したがってGmailなどのアプリを設定する必要があります。

こちらからauメールの設定情報を取得します。

取得した情報はメモを取って残しておいてください。

次に、Gmailの設定をします。

Gmailアプリを起動したら、設定をタップします。

ここから「アカウントを追加」→「その他」…と進めていきます。

次に「メールアドレスの追加」が表示されたら、自分のメールアドレスを入力します。

「次へ」をタップしたら、先ほど取得した情報のパスワードを入力します。

「次へ」をタップしたら、受信サーバーの設定に今度は先ほど取得した情報のユーザー名を入力し、「次へ」をタップします。

「次へ」を2回タップすると、「アカウントの設定が完了しました」と表示されるので、名前の欄に任意の名前を入力し、「次へ」をタップします。

これで、設定が完了です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、アプリに設定してメールを送受信する方法がありません。

「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を利用して、メールを送受信します。

このS!メール(MMS)どこでもアクセスは月額300円の有料サービスになります。

契約したらウェルカムメールが届きます。

ウェルカムメールが届いたら「同意設定」をタップし、次の画面で携帯電話番号を入力しログインします。

ログインしたら157から届くSMSに記載された3桁のパスワードを入力します。

「次へ」をタップしたら「同意する」をタップします。

メールを確認する場合は「My SoftBank」にログインして使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上で、キャリアメールをSIMフリースマートフォンで使用できるようになったと思います。

デュアルSIMスマートフォンで通信費の削減のお供にピッタリですよ!

この機会に皆さんも一度、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品

【簡単に解説】SIMロックフリースマートフォンでのキャリアメールの利用!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です