【2020年/決定版】主要な音楽サブスクリプションサービスを徹底比較!

ここ最近では、音楽を定額制のサブスクリプションサービスで楽しむのがすっかり定番になりました。

少し前までは、定額制の音楽配信サービスに否定的なアーティストや音楽事務所も多かったのですが、

最近では、サブスク解禁していないバンドやミュージシャンを探す方が難しいくらいです。

特に洋楽の場合、現在の音楽も過去の音楽も、ほとんどサブスクリプションサービスで楽しむ事が出来る様になっています。

邦楽でも、若い世代に大人気の米津玄師さんが2020年に「STRAY SHEEP」というアルバムをリリースするタイミングでサブスク解禁し、大きな話題となりました。

今回は、各社から展開されている音楽サブスクリプションサービスの特徴や料金などをご紹介させて頂きます。

皆さんにピッタリ合ったサービスを選ぶお手伝いが出来ればなと思います。

米津玄師のおすすめ商品

音楽サブスクリプションサービス オススメ5社

1位 Spotify

出典:Google Play
  • 月額料金:\ 980(無料プラン有り)
  • 無料期間:3か月間
  • 楽曲数:5,000万曲
  • 歌詞表示機能:有り

やはり、一番人気は間違いなく「Spotify」です。

Spotifyとは、2006年にスウェーデンで創業された会社で、現在では約5,000万曲を79カ国で配信しているサービスです。

会員数はなんと、2億4,800万人!現在グローバルシェアNo.1の音楽サブスクリプションサービスです。

Spotifyの特徴としては、

  • 無料プランがある
  • プレイリストが豊富

この2点が挙げられます。

元々、Spotifyというサービスがスタートするキッカケとして、

「世の中の違法ダウンロードを防ぎたい」という思いがあったそうで、フリーミアムモデルはサービス設計の前提条件だったそうです。

世界中の音楽を好きな時に自由に合法的に楽しめて、さらにアーティストや権利保持者にキチンと対価が支払われるサービスを設計するというのがSpotifyの思想です。

無料プランでは、音楽を聴いている間にランダムで音声広告が流れたり(曲の途中では流れないのでご安心ください)、アルバムの曲がランダムに再生されるなど、少し月額会員に比べて使いづらい点もありますが、「試しにサブスクリプションサービスを使ってみたい」という方にはピッタリのプランかもしれません。

もう一つの大きな特徴は、「プレイリストが一番充実している」という点です。

複数のサブスクリプションサービスを使い分けているリスナーも多いと思いますが、

Spotifyを使う理由に「プレイリストが充実しているから」という理由で挙げる方が非常に多いです。

「何か音楽を聴きたいけど、何を聴いたら良いか分からない」

「聴いたことのない音楽を聴きたい」

こういった際はプレイリスト機能の出番です。

他のサブスクリプションサービスにもプレイリスト機能はありますが、Spotifyが一番充実しています。

これから音楽サブスクリプションサービスを楽しもうという方は、まずはSpotifyの無料プランを試しに使ってみるのがオススメです。


Download on the App Store

2位 Apple Music

出典:Google Play
  • 月額料金:\ 980
  • 無料期間:3か月間
  • 楽曲数:7,000万曲
  • 歌詞表示機能:有り

次にオススメなのが、Apple社の音楽サブスクリプションサービス「Apple Music」です。

特にオススメなのが、「普段iPhoneを使っている人」です。

普段iPhoneやiPadを使っている方にとっては、SpotifyよりもApple Musicの方が操作画面が分かりやすく、直感的に操作出来るのではないでしょうか。

また、Apple MusicではMVやライブ映像も観る事ができます。

最近では5G通信の話題も多く、スマホで動画を楽しむ方はこれからも増えるのではないでしょうか。

Apple Musicでしたら、好きなバンドやアーティストのMVやライブ映像も見れますので、「好きなアーティストの映像も見たい!」という方にはピッタリです。

Spotifyに比べると充実度は落ちますが、プレイリスト機能もありますし、ユーザーの音楽の好みを把握してオススメのアルバムを教えてくれるレコメンド機能もありますので、「新しい音楽に出会いたい」という方も楽しめるサービスです。


Download on the App Store

3位 Prime Music

出典:Amazon.co.jp
  • 月額料金:Amazon Prime加入が条件
  • 無料期間:30日間
  • 楽曲数:200万曲
  • 歌詞表示機能:有り

第3位は「Prime Music」です。

通販でおなじみのAmazon社の音楽サブスクリプションサービスです。

普段通販でAmazonを利用されている方も多いのではないでしょうか。

Amazonには「プライム会員(月額500円)」という制度があり、商品を購入する際の送料無料サービスや、地域によっては注文しても1時間以内に商品が届く等、様々な特典を得る事ができます。

通販以外にもドラマや映画が見放題の「Prime Video」、音楽が聴き放題の「Prime Music」という特典があります。

音楽配信に関しては、SpotifyやApple Musicと比べると物足りない部分が多いかと思います。

曲数も少ないですし、操作感もSpotifyやApple Musicほど良くないと感じる方がいらっしゃると思います。

ですが、

「もともとAmazonのプライム会員になっている」

「音楽はたまにしか聴かない」

「部屋の中で何かBGM的な音楽を流せたら良い」

こういった方にとっては、月額無料で楽しめるPrime Musicがベストです。

SpotifyやApple Musicと比べると曲数は少ないですが、メジャーな人気アーティストの楽曲はほとんど聴けますし、色んな楽曲が楽しめるプレイリスト機能も勿論ありますので、十分に楽しめるサービスとなっています。

そして、Amazonには「Amazon Music Unlimited」というサービスもあります。


Download on the App Store

Amazon Music Unlimited

出典:Amazon.co.jp
  • 月額料金:\ 980
  • 無料期間:30日間
  • 楽曲数:6,500万曲
  • 歌詞表示機能:有り

Prime会員であれば誰でも追加料金なしで利用できる「Prime Music」と使える機能自体は同じなのですが、追加で月額\980を支払うと、6,500万曲もの楽曲を楽しめる「Amazon Music Unlimited」にグレードアップが可能です。

元々Prime会員になっていて、音楽サブスクリプションサービスに興味があるという方は、まず追加料金なしで楽しめる「Prime Music」を使ってみて、曲数が物足りなくなってきたら「Amazon Music Unlimited」にグレードアップするのが良いでしょう。


Download on the App Store

4位 AWA

出典:Google Play
  • 月額料金:\ 980(無料プラン有り)
  • 無料期間:30日間
  • 楽曲数:7,000万曲
  • 歌詞表示機能:有り

第4位は「AWA」です。

「Amebaブログ」や「AbemaTV」でお馴染みのサイバーエージェント社と、エイベックス・デジタル社の共同出資により設立されたAWA社の音楽サブスクリプションサービスです。

サービス開始時はほとんど邦楽しか聴けず、ヘビーリスナーや洋楽リスナーからはかなり評判の悪かったAWAですが、最近は洋楽も充実して来ているので、充分に楽しめるサービスとなって来ています。

無料プランの場合、「月20時間しか聴けない」という制限はありますが、試しに使ってみる分には良いのではないでしょうか。

プレイリスト機能やレコメンド機能もありますので、他の音楽サブスクリプションサービスと比べても遜色のない内容になって来ています。

SpotifyやApple Musicではなく、わざわざAWAを選ぶ理由というのもなかなか思いつかないですが、選択しの一つに入れても問題ないサービスだと思います。


Download on the App Store

5位 LINE MUSIC

出典:Google Play
  • 月額料金:\960
  • 無料期間:3か月間
  • 楽曲数:6,500万曲
  • 歌詞表示機能:有り

最後は「LINE MUSIC」です。

最早、使っていない人はいないくらい普及している「LINE」による音楽サブスクリプションサービスです。

LINE MUSICは邦楽の取り扱いが多いため、「洋楽はあまり聴かない」という方にはピッタリの音楽サブスクリプションサービスです。

また、毎日LINEを触っているという方がほとんどなため、操作画面も分かりやすいかもしれません。

SpotifyやApple Musicの様に、ヘビーリスナーが楽しめるサービスとは言えない部分もありますが、LINEで繋がっている友達が聴いている楽曲をピックアップしてオススメしてくれたり(匿名でピックアップされます)、エンターテインメント性のある音楽サブスクリプションサービスです。

元々コミュニケーションツールとしてLINEが普及していますので、音楽サービスについてもコミュニケーション性・エンターテインメント性と絡めて展開していくのかもしれませんね。


Download on the App Store

まとめ

ここ最近、利用者が激増している音楽サブスクリプションサービスですが、たくさんサービスがあるため、「どれを選んで良いか分からない」という方向けに、各社の簡単な特徴をまとめてみました。

各社とも無料期間がありますので、気になっていた方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

毎日の通勤時間や通学時間、ちょっとした隙間時間やご自宅での時間が、充実すること間違いなしです!

おすすめ商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です